• このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式二次会の景品の予算はどうする?

最近では結婚式といえば二次会が付き物です。式に呼べなかった人たちも呼んで、上司や親たちがいないリラックスしたムードで行われるこの会では、結婚式以上にゲストを楽しませて新郎新婦自身も十分に楽しみたいところ。独身の友人たちの出会いの場となることも目的となってきているため、知らない同士でも十分に盛り上がれるゲームや余興が中心です。更に白熱するにはやはり豪華景品が必須です。とはいえ、結婚式に新婚旅行に、そして新生活にとなにかとお金がかかる時期でもあるため、とにかく豪華にしようと無理は禁物です。先輩新郎新婦たちはどれくらいの金額をかけて行っているのでしょうか。選び方のポイントやこだわる点など考えて、皆が楽しめ満足できる、思い出に残る会が演出できたらいいですね。

会費を元に予算は考えましょう。

本人たちはもちろんゲストたちも楽しむための会です。その元となるお金はゲストから徴収する会費です。その中で飲食代と景品代に分けるのです。一般的には飲食代に2000円から2500円程度上乗せする形を取るものの、あまりに高いとゲストの負担も大きいのでその地域の平均額程度に抑えるようにしなければなりません。首都圏や関西では7000円を越える場合も多いですが、地方ではせいぜい5000円程度。その範囲内で納めましょう。新郎新婦が負担する必要はないですし、逆に儲けてしまうのも良くはありません。飲食代以外で2000円から2500円徴収した中で購入するということになれば、大体の予算と言うのは決まってくるのではないでしょうか。もちろん、その中から二次会の演出代も捻出する必要があります。

目玉の景品を用意しつつみんなが楽しめるように

予算が決まったら、まず考えるのが目玉商品。それが豪華であればあるほど盛り上がります。参加するメンバーの誰もが喜ぶようなもの、たとえばホテルのチケットや高級肉セット・家電や商品券などが定番です。1位は1万円を越えるものでぜひ用意してください。2位・3位くらいまではそれなりに盛り上がる金額のものを準備したいですが、それと共に、できるだけ多くの方たちに何らかのプレゼントを贈りたいもの。たった数百円程度のものでもいいのでこちらも皆が喜ぶような入浴剤やお菓子などを用意しておくと満足して帰っていただけるはずです。ゲームも分かりやすく盛り上がりやすく、できれば知らない人とも話すきっかけとなるようなものがおすすめです。 もちろん、プレゼントは豪華でも食事が寂しい限りだったということがないよう、バランスには気をつけてください。

ピックアップ記事

外さない女性向け二次会の景品とは

二次会の盛り上がりは、女性陣の盛り上がりに左右されるといっても過言ではありません。女性向けの景品選びが成功すれば、二次会はほとんど成功したも同然です。女性が喜ぶと華やかな雰囲気になりますし、男性陣も引...

二次会の盛り上がる景品について

結婚式の二次会は友人が中心に行われることが多く、自由度が高いパーティーになるものです。二人の祝福の場ということには変わりませんが、参加者みんなで楽しめることに重点を置くことでその二次会の成功につながる...

結婚式二次会の景品の予算はどうする?

最近では結婚式といえば二次会が付き物です。式に呼べなかった人たちも呼んで、上司や親たちがいないリラックスしたムードで行われるこの会では、結婚式以上にゲストを楽しませて新郎新婦自身も十分に楽しみたいとこ...